医療法人新井胃腸科診療所 沿革
平成27年9月現在

[昭和16年]

新井内科医院開設   初代院長  新井経雄

[昭和39年]


株式会社 新井胃腸科病院設立 院長 新井経雄

昭和39年から43年にかけて4階部分、続いて厨房部分・2階を増築

職員宿舎≪泉寮≫(いずみりょう)を新築


[昭和40年]

基準給食、基準寝具が承認される

[昭和51年10月]


医療法人 新井胃腸科病院設立 認可病床58床

同時期に理事長兼院長 新井有治 就任


[昭和61年 7月]

病室改修により病床数52床

[平成 3年 4月]

入院部門を休止し、外来診察のみとなる

[平成 5年 6月]

岸川一郎 副院長に就任

[平成 6年 6月]

入院部門再開 認可病床数48床

[平成11年 1月]

院長交代 新井有治から岸川一郎へ  理事長は新井有治 留任

[平成11年11月]

入院部門休止

[平成13年 4月]


4月1日付 医療法人 新井胃腸科病院廃止

医療法人 新井胃腸科診療所設立

許可病床数19床 理事長 新井有治  診療所長 岸川一郎


[平成13年 4月]

岸川一郎 前橋市医師会理事に就任

[平成26年 6月]

岸川一郎 前橋市医師会副会長に就任

[平成26年 7月]

岸川一郎 防衛大臣表彰(予備自衛官勤続30年)をうける

[平成26年 7月]

ホームページ開設

[平成26年10月]

理事長交代 新井有治から岸川一郎へ 新井有治は理事となる

[平成27年 2月]

前理事長 新井 有治 11日に 死去

[平成27年 3月]

3月1日付 胃腸科・外科 非常勤医師 岸川 さつき 入職

[平成28年11月]

岸川 一郎 厚生労働大臣表彰(生活保護の医療可否意見書審査業務)をうける

[平成31年 4月]

3月31日付 許可病床19床を返還 4月1日より 無床診療所となる
 


新井胃腸科診療所今昔物語